| インターナショナルVIPクラブ関西 公式ホームページ | 集会案内 | 本部・各支部紹介 |



「どん底から起業、繁栄・倒産、そして栄光 −築いた財産に優る宝−」レポート

才門建設の創立者である才門三郎さんは、御歳88歳。
極貧生活のなかで6人の男兄弟を育ててくれた亡きお母様のことや、19歳で召集されたこと。建設会社設立までの道のりや、民事再生を受けた時のことなど振り返りながら、半生を語っていただきました。
司会の森裕子さんは、「ゼロから築かれたものすごい繁栄。そして、まわりが変わっても、揺るぐことのない信念と力強さに感動しました」と、感想を口にしました。
 

 音楽ステージ…おしゃべり賛美家 菅原早樹さん

「おしゃべり讃美家」と名乗る菅原さんのコンサートは、証を交えたおしゃべりも好評のようです。
「“伝道讃美家”といえば、電気で動いてるの?と聞かれるため、今の肩書きに落ち着きました」というユーモアたっぷりの自己紹介から音楽ステージがはじまりました。

samimon2.JPG

1.ふるさと
2.驚くばかりの(Amazing Graceの日本語訳)
3.I have a Dream

1曲目は、菅原さんの好きな嵐の楽曲『ふるさと』を披露。私たち共通のふるさとは“天国にある”という想いを清らかに賛美されました。ピアノ演奏はロゴス企画代表・岸本宗也さん。さわやかな歌声と、流れるように美しい演奏に大きな拍手が送られました。

菅原 早樹さんプロフィール
東京・舞台芸術学院、関西単立バプテスト神学校クリスチャン・音楽コース卒業。現在、単立・西宮北口聖書集会 正教師(牧師夫人)。二代目露の五郎兵衛さんの次女。双子の姉は福音落語家の露のききょうさん。
☆2015年1月末に3rd アルバム「Eternal Joy」をリリース。
オフィシャルWebサイト:http://soranotori-nonohana.jimdo.com/

第二部…「どん底から起業、繁栄・倒産、そして栄光 −築いた財産に優る宝− 」

saimon6.JPG

才門三郎さんのプロフィール
才門建設株式会社の創立者。貧乏のどん底からはい上がり、1961年に才門建設株式会社を設立。公共工事・民間工事で実績を残す関西で有名なゼネコン会社に発展。社是「不屈の精神、独創性、愛情」を旗頭に、苦労との戦いの連続の日々を送り、1988年に社長職を譲るも、1994年に引退するまで現役として活躍。岸和田青年会議所理事長、岸和田ロータリークラブ会長、地区ガバナー、岸和田商工会議所副会頭等数々の役職も歴任。


「市議になって見えてきた政治の世界 −選挙や政務活動費の実態−」 レポート

「市議になって見えてきた政治の世界 −選挙や政務活動費の実態− 」レポート
「ヤジ」や「号泣」などで世間をにぎわせた地方議員。続々と出てくる報道に不信感を募らせている人もいるのではないでしょうか。その背景には、「地方議員の仕事は何をやっているのかわからない」ということがあるようです。今回の講師は、大学時代の議員インターンシップを通して大きな志を抱き、26歳の若さで茨木市議選に無所属で立候補し当選した米川勝利(よねかわしょうり)さんです。「政治を知ることは、我がまちを知ること。みなさんの住むまちを変えていく出発点になる」と話す米川さんの姿に参加者は興味津々で聞き入りました。

第一部・・・上原 ヨシュアさんの音楽ステージ
ゴスペルシンガーソングライターの上原ヨシュアさんによる音楽ステージ。持ち味のハスキーボイスで、1曲目にStevie Wonderの名曲「You are the sunshine of my life」を流暢な英語で熱唱。2曲目は、クリスチャンなら馴染み深い韓国生まれのゴスペルを披露しました。3曲目は、「桜イースター-Rising-」でヨシュアさんオリジナルの楽曲をダイナミックに歌い上げました。
yosyua.JPG
1.You are the sunshine of my life
2.君は愛されるために生まれた
3.桜イースター-Rising-(作詞・作曲/上原ヨシュア)
 
「桜イースター- Rising-」誕生エピソードについて、「イースターはちょうど日本人が大好きな桜の季節と重なる。桜を題材にしたイースターソングができないか?」と持田弁護士がヨシュアさんに依頼したことから生まれたことが紹介されました。

参考:2012年4月に好評を博したVIP定例会「さくらソングとイースターソング」レポート
上原 ヨシュア(Joshua Uehara)さん 公式Webサイト:http://www.joshuauehara.com/ 
 

第ニ部・・・「市議になって見えてきた政治の世界 −選挙や政務活動費の実態−」
米川勝利.JPG
米川勝利(よねかわしょうり)さんのプロフィール
1986年大阪府茨木市生まれ。同志社大学政策学部卒。議員インターンシップ、茨木市都市計画審議会市民委員、某小学校学習支援アドバイザーなどを経て2013年1月、茨木市議会議員選挙で立候補し初当選(無所属)。
★  公式Webサイト: http://s-yonekawa.net/index.html 

『福音落語 〜罪ゆるされた女〜 』レポート

『福音落語 〜罪ゆるされた女〜 』レポート
落語の魅力にはまった小笠原浩一さんは、福音落語家「ゴスペル亭パウロ」として3年前の春にデビュー。3月のVIP定例会では、聖書から創作した『罪ゆるされた女』を味のある語り口で披露。表情豊かに登場人物を演じ分け、会場の笑いを誘いました。
パウロさんは「神の愛を伝える落語で、一人でもキリストに出会うきっかけになればうれしい」と、願いを語りました。

 ファニーパウロ.JPG

第一部・・・「シンプルな賛美」 名を呼ぶ  沢山の友情と
春は異動の季節ですね。“歌って踊れる裁判官”の愛称で親しまれている谷有恒さんが
転勤で札幌に行かれるとの報告があり、音楽ステージが始まりました。
これまで「ピュアな賛美」「Made in Japan
の賛美」など、趣向を凝らしたテーマで参加者を
魅了してきた谷さん率いるお仲間。
今回は「シンプルな賛美」と題し、たくさんの友情から成る音楽を奏でました。

トンカチバンド.JPG

1.なんと素晴らしい
2.イエスその御名は
3.素晴らしい人生 作詞・作曲/彩門ぺー太こと俵敬三

<出演>

歌・ピアノ: 谷有恒(大阪地裁)

ヴィオラ: 小林邦子(弁護士)

キーボード: 小林正和(伊丹支部)

歌・ギター: 彩門ペー太こと俵敬三


「日本の元気を取り戻す町工場の心意気−けんかゴマ全国大会優勝を糧に−」レポート

第一部・・・住澤怜伽さんによる音楽ステージ

住澤怜伽(すみざわ れいか)さん。さわやかな彼女の歌声が場内に響き渡ると、
気持ちの良い風が吹いたような居心地の良さでした。今回で4回目。
今回は、デビューCD「Hello from Heaven」(Leika名)をひっさげての登場。
そのCDから3曲を歌われました。
1曲目は「スカイテレフォン」 電話するように神と対話する感じを歌ったもの。
2曲目は「アクアリュウム」水族館の意味。説教を聞いている途中にことばと曲がポンポンと生まれた不思議な曲だそうです。
3曲目は「愛してる」神からの視線で書いためずらしい楽曲。すべて彼女の作詞作曲というもの。CDのカラオケで歌われました。良いミュージシャンとエンジニアに恵まれてバックの演奏もすごく良い仕上がりでした。
梅津さん(VIP大阪会長)がとくに気に入られた様子。教会で歌われる讃美歌のようで、歌いやすくて親しみやすいという感想でした。司会の清水共子さんは歌詞のすばらしさを指摘されていました。
熱い拍手が、しばらく鳴りやみませんでした。

第二部…「日本の元気を取り戻す町工場の心意気−けんかゴマ全国大会優勝を糧に−」

今回のゲストは 山田健(たけし)(有限会社シオン代表取締役)さん。
はるばる岐阜県美濃市から来阪されました。















同社は、「人づくりモノづくり」を標榜しています。
2013年全日本製造業コマ大戦G1全国大会の優勝者。2015年2月15日には、日本戦から世界戦に昇格のため、全日本世界コマ大戦2015(www.worldkoma.jp)にディフェンディング・チャンピオンとして出場されます。その準備に超多忙の中での講演でした。


「中東・欧州情勢とクリスマス」レポート

グローバル化が進み、さまざまな情報が世界中をリアルタイムでかけめぐる時代になりました。今回の講師、黒田禎一郎さんは台湾に生まれ、ドイツの大学で学び、日本で『(株)日欧交流研究所』『ミッション宣教の声』を設立。イスラエルにはこれまで40回も渡航されたという国際派の牧師です。現在、ヨーロッパと中東で起こっている問題を紹介しながら「安心して暮らせる社会など存在しない。日本人も危機感を持たなければ」と提言。世界情勢にくわしい黒田さんならではのお話に参加者は熱心に耳を傾けました。
kuro4.JPG
 
第一部・・・音楽デュオ「Duo高瀬」による音楽ステージ
音楽披露のゲストは、バイオリンとピアノの音楽デュオ「Duo高瀬」さん。一曲目は異国情緒あふれる「情熱大陸」を躍動感いっぱいに演奏。流れるように美しいクリスマスメドレーとマリアの信仰を称えた名曲「アヴェマリア」をしっとりと披露しました。
1.「情熱大陸」のテーマ
2.クリスマスメドレー(きよしこの夜 他)
3.アヴェマリア

 
バイオリンとピアノのデュオ「Duo高瀬」 プロフィール
1985年大阪で結成。1998年イエス・キリストを救い主と信じ、夫婦で洗礼を受ける。バイオリンは高瀬真理(まこと)、ピアノは瑞恵(みずえ)担当。演奏スタイルはノンジャンルで演歌からクラッシックまで幅広くカバー。コンセプトは「音楽を楽しまないで、なぜ音楽と言えよう」。
 
第二部・・・「中東・欧州情勢とクリスマス」
 kurodasense.JPG
黒田 禎一郎さんのプロフィール
1946年台湾・台北市で生まれる。1970年ドイツ・デュッセルドルフ医科大学病院留学、トリア大学精神衛生学部、ヴィーダネスト聖書学校卒業。デュッセルドルフ日本語教会を設立し、旧ソ連や東欧諸国を含むヨーロッパの国々で活躍。1981年に帰国し、『(株)日欧交流研究所』『ミッション宣教の声』を設立。北浜インターナショナル・バイブルチャーチ牧師。グローバルな見地とビジネス感覚あふれる講演が好評を得ている。    テーマ:聖書

「人気韓流スター(歌手)・金スジンの“美しい晩秋の夜”コンサート」レポート

11月のVIP定例会は、韓国から人気ポッペラ歌手・金スジンさんを招いた歌のオンステージが開かれました。当日は、美空ひばりの「川の流れのように」や韓国ドラマ「冬のソナタ」のテーマソング、テレサ・テンの「月は誰でも知っている」など日本語、韓国語、中国語、英語の名曲を全9曲披露。ポップスとオペラの魅力を取り入れたポッペラ歌手とあって、「アメイジング・グレイス」では驚くほどの声量で賛美歌を熱唱。さまざまな顔を魅せ、圧巻のステージで参加者を魅了しました。来年、日本デビューを計画しているというスジンさん。これからますますの活躍が期待されています。

集合.JPG

          △ 金スジンさんを交え参加者全員で記念撮影 △
 

ポッペラ歌手・金秀眞(キム スジン)さんの音楽ステージ

 yujinmein.JPG
金スジンさんのプロフィール
淑明女子音楽大学卒業。ニューヨーク カーネギーホールにて公演“Isaac Stern Auditorium”、駐米大韓民国大使館主催 開天節祝賀公演、韓国文化観光部 東ティモール政府主催“韓流親善音楽会”公演、ファーストアルバム「Amazing」・スペシャルリメイクアルバム「Grace」リリース。ソリエル・ミニストリー所属、国際NGO団体「グッド・ネイーバース」大使。


「異邦人から神の人へ −久米小百合(元:久保田早紀)の証と歌−」レポート

強烈なイントロに始まり、「子供たちが空に向かい、両手をひろげ…ちょっと、振り向いてみただけの異邦人」と続く歌詞とメロディ。今でも懐メロのリクエスト上位にランクされるこの名曲をご存知の方は多いのではないでしょうか?
1979年、この「異邦人」は瞬く間にミリオンセラーとなり、無名のシンガーだった久保田早紀さんは一躍スターとなりました。記念すべき第170回目のVIP大阪定例会では、講演会の冒頭で今も変わらない美声をアカペラで熱唱。スポットライトを浴びていた歌手「久保田早紀」を約4年で引退し、ミュージック・ミッショナリー「久米小百合」(結婚後のご本名)としての音楽伝道の道をなぜ選んだのかを飾らない言葉で証されました。お話の合間には、「Jesus Loves Me(主我を愛す)」「いつくしみ深き」「Amazing Grace」などの賛美歌をのびやかに披露。
聴くほどに心が洗われていくような響きに参加者は魅了されました。

久米さん3.JPG

久米小百合さんのプロフィール
ミュージック・ミッショナリー、音楽宣教師。
共立女子短期大学文科卒業、東京バプテスト神学校神学科修了。カーネル神学大学院博士過程修了。1979~84年、久保田早紀として音楽活動。1985年、音楽家・久米大作氏と結婚。久保田早紀としての音楽活動を引退。以後は主にキリスト教会やミッションスクールを中心に、教会音楽家として、音・言葉・絵画を組み合わせた新しいスタイルのチャペルコンサートを行っており、賛美の世界に奥行きと創造性を持たせるものとして高い評価を得ている。2007年から2010年まで日本聖書協会の親善大使を務める。ワールドビジョン・アソシエイトアーティスト。
久米さん2.JPG

『今なぜ終活か? 〜最近の葬儀事情とエンディングノート〜』レポート

いま、自分らしい人生の終わり方を考える「終活」がブームです。これまで死について語ることは「縁起が悪い」と考える傾向にありましたが、最近は元気なうちから「死への準備」をすることが、人生をより豊かにし、遺された家族のためにもなると考えられつつあります。今回はライフワークス社の野田和裕さんが、終活とキリスト教精神に基づいた葬儀についてわかりやすくお話されました。

第一部・・・住澤伶伽(すみざわれいか)さんによる音楽ステージ
今回の音楽ゲストは、大阪音楽大学大学院で声楽を学んでいる住澤伶伽さん。
1曲目はベット・ミドラーが唱って大ヒットした映画のテーマソング「Rose」。
2・3曲目は、伶伽さん作の清らかなピアノの弾き語りで参加者を魅了しました。

end3.JPG

1.Rose
2.Dream Tree(作詞・作曲オリジナル)
3.ありがとう(作詞・作曲オリジナル)

第二部・・・「今なぜ終活か? 〜最近の葬儀事情とエンディングノート〜」

end5.jpg

野田和裕さんのプロフィール
1974年福島県生まれ、東京基督教大学 神学部神学科卒業。1998年東京のキリスト教専門葬儀社に入社。その後、祖父が創業したキリスト教精神に基づく創世グループに入社し葬儀部門を立ち上げる。2006年 株式会社創世 ライフワークス社設立、関西全域を対象とした葬儀社を起こす。株式会社創世 ライフワークス社
 

「赤字の薬品事業を軌道に乗せたコツ 〜人の幸せを第一とするオーナーシップ〜」レポート

カネボウ薬品元会長の三谷さんは、45年の会社人生のなかで、3度の降格と左遷を経験。出世競争や事なかれ主義に流されず、カネボウグループの経営者として大きな足跡を残されました。「クリスチャンとなり、どんな状況のなかでも心の平安を得て、神様からの力をもらった。自分のことではなく、会社のこと、社員のことを常に考えていた」というお言葉が印象的。参加者は40名を超え、音楽披露、講演会ともに熱のこもったステージでした。

  第一部・・・ゴスペルユニット「Kamicoco(かみここ)」による音楽ステージ
P4150844.JPG
 
「歌って、踊って、しゃべれる貴重な存在Kamicocoを関西の一流に育ててきたいと思います」と、応援団の菰渕さんより紹介。3曲目の「みなささげまつり I Surrender All」では、「みなさ〜ん、一緒に立って踊りましょう!」のかけ声とともに参加者全員が立ち上がり、軽快なステップをふみ陽気な雰囲気に包まれました。
 
1.O Praise the Lord 〜Psalm117〜
2.いっしょに(YUCO/作詞)
3.みなささげまつり I Surrender All

 P4150846.JPG
 
Kamicoco(かみここ)プロフィール
グラフィックデザイナーのYUKAと、元アングラ劇団出身でゴスペルクワイヤディレクターのYUCO。経歴も年代も違う異色の二人が神の導きにより出会い、2009年に結成した神戸生まれのゴスペルユニット。ユニット名は「見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます」マタイ28:20に由来しており、「神はここにおられる」の略。公式Webサイト:http://kamicoco.com/ 

 
第二部・・・「赤字の薬品事業を軌道に乗せたコツ 〜人の幸せを第一とするオーナーシップ〜」
P4150849.JPG
  • 三谷 康人 氏のプロフィール
1929年 広島県に生まれる。慶応義塾大学卒業。
1952年 鐘紡(株)入社。1990年 鐘紡(株)取締役 1994年 カネボウ薬品(株)社長 
1995年 鐘紡(株)専務     著書:「逆転人生」いのちのことば社 など
 

「中高年(オッサン)の倫理と若者(ギャル)の倫理」レポート

「フェイスブックなどのSNSを使って若者とコミュニケーションを取る時、ウザいと思われるオッサンの行為は何か?」というタイムリーな話題で笑いを誘った講演会。講師の濱崎さんは、大学で倫理学を教えるほか、キリスト教学、ドイツ語、フランス語などの講師も受けもたれる多才な先生です。「異なる価値観を持つ世代が互いに歩みよる方法は」について、ユーモアを交えながらお話されました。
 
第一部・・・谷有恒さんの音楽ステージ
music1.JPG

今回のステージは「Made in Japanの賛美」と題して、谷さんがピアノの弾き語りを披露。1曲目は大阪で宣教活動されていたJ.V.Martinさんの曲、最後の3曲目はMade i n奈良でご自身が作曲された「春風の詩(うた)」を「人生で充実し楽しかった時を思い出しながら、聞いてください」と紹介されました。
 
1.Made in 大阪 「聖歌397 とおきくにや」J.V.Martin
2.Made in 福井 「ご覧 木の上」Jonas Anderson(ラッセ・ヘイモネン訳)
3.Made in 奈良 「春風の詩(うた)」作詞・山本哲/作曲・谷有恒
 
 
第二部・・『中高年(オッサン)の倫理と若者(ギャル)の倫理』

blog2.JPG
 
濱崎雅孝氏のプロフィール
1971年京都府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得。
現在、青山学院大学総合研究所研究員。神戸松陰女子学院大学など
複数の大学で非常勤講師を兼任。
倫理学、キリスト教関係の専門書を多数翻訳。

イマドキの若者は本当にマナーが悪いのか?
「今の若者はけしからん」という言葉はよく聞かれますが、
本当にそうなのでしょうか?
続きを読む >>


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

VIPクラブ関西

categories

selected entries

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

こころから
こころから (JUGEMレビュー »)
吉村 美穂 with クローバー

recommend

recommend

recommend

GOSPEL RADIO STATION Vol,1
GOSPEL RADIO STATION Vol,1 (JUGEMレビュー »)
神山みさ,Yoshi Blessed,Genuine Grace,ゆかり☆Gospel,Hide-c.,福原タカヨシ,重延勇矢,上原ヨシュア,Michiru,ROUTE OF SOUL (横山大輔)

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)
眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヒルティ
VIP大阪・梅津会長の人生を変えた一冊

recommend

links

ぶどうの木滋賀 ブログ

VIP関西センターテナント情報

profile

書いた記事数:163 最後に更新した日:2020/01/07

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM