| インターナショナルVIPクラブ関西 公式ホームページ | 集会案内 | 本部・各支部紹介 |



『ガンほど慈悲深い病気はない』

インタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>定例会のご案内

 

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

ビジネス街の心のオアシス・VIP大阪1月定例会(第194回)のご案内です。

1月の講師は、森垣ヨガ学院・森垣ヨガ美療サロン元主宰の森垣奈津子さんです。

 

森垣さんは、なんと2度のガン(甲状腺ガン・肺ガン)を克服されました。

甲状腺ガンの手術で声を失った絶望のどん底の中でヨガと出会い、

ヨガを実践した結果、ガンになる以前より健康になり、声も取り戻しました。

のみならず、森垣ヨガ学院・森垣ヨガ美療サロンを設立・主宰し、人々の健康づくりにも深く関わるようになりました。

肺ガンを再発したときも、甲田医学の『生野菜と断食療法』を徹底して実践し、肺ガンを克服されました。

 

2度のガンを克服した喜びと、その過程で経験したさまざまな思い(恐れ・不安・悲しみ・苦痛)が、

「今、病気で悩んでいる人とその家族の方々のお役に立てれば」との願いとなり、

日々、生きがいを持って活動しておられる森垣さん。

森垣さんがガンとどのように向き合い、どう人生を走り抜けてきたか。

また、その活力の源についてお話しいただきます。

 

日 時 2017年1月17日(火)午後7時から

    (食事は午後8時30分からを予定)

講 師 森垣 奈津子氏  森垣ヨガ学院・森垣ヨガ美療サロン 元主宰

    ガンほど慈悲深い病気はない』

会 場  講演 :北浜スクエア

         (大阪市中央区北浜2-3-10 VIP関西センター9F)

     食事 :北浜スクエア (VIP関西センター8F

参加費 々岷蕕里漾1,000円  講演+食事 3,000

  お食事の必要な方は、申し込みの際に必ず明記し、

   1月16日(月)までにご連絡ください。

 ※ プレゼンテーション希望者は、別途2,000円(先着1名)

 ※ チラシの配布のみ希望の方は、別途1,000

申込先 VIP大阪事務局 Eメール vipkansai@io.ocn.ne.jp

     Tel070-6543-8069 Fax(06)6233-0493

 

VIP大阪お申込みフォーム


『VIP-OSAKA Christmas in 2016』レポート

『VIP-OSAKA Christmas in 2016 荘厳にバッハ×静かにショパン〜ピアノでつづるクリスマス〜』レポート

 

VIPクラブ大阪のクリスマスが、2016年12月13日に通例の会場を変えて大阪府吹田市の江坂ホールであった。

中野博誉(なかの ひろお)さんの、ピアノ演奏と、語りがポイント。

鮮やかなピアノ演奏が、会場を盛り上げていく。時に強く、時に優しく。

牧師であり、ピアニストでもある社会的な2つの役割をきちんとこなされている方。

ラジオ番組「福音の光」では、著名なひとである。

 

▲中野博誉さんとステージ

 

語りの冒頭、「少年時代、私はクリスマスが嫌いでした。」から、始まった。

クリスマスのにぎやかな雰囲気が、子ども心になじめなかったそうだ。

しかし、ある時、手に取って読んだ「聖書物語」という本を通じて、

神がイエスという救い主をくださったというクリスマスの真の意味を知って、

クリスマスが好きになったと語られた。

 

得意とするショパンの曲を弾かれたとき、39歳で亡くなったショパンについて語られた。

時として、「私は神を信じない」と叫んだ彼であったが、

後にその彼が教会で深く神を信じる祈りを捧げていたことも伝えられた。

有名な作曲家であるが、その人の内面まで踏み込んで語られる、中野さんの語りに引き込まれていく。

中野さんは、ショパンの優雅なノクターンを、ショパンの夜の祈りの曲と解釈し、ピアノ演奏をしておられることで有名である。

気持ちの良い演奏と、作曲家の苦悩や信仰に踏み込んだ語りが、会場の人々に神の救いが来たことを知らせる絶妙な機会になったと、感じた。

 

食事も、ホールの手配で、充分なものが揃い、くじによる景品のプレゼントタイムでは、中野さんのCDやミルフォワ・メルシのクッキーや持田弁護士の本がプレゼントされた。

 

落ち着いて、深い感銘を与えられるクリスマス・パーティも、とても気持ちが良い。

きっと聖書をベースに人生の指針等を学び、それに沿ったライフスタイルを得ようとする人たちが中心的に集まっている会合だからだろう。

以上のような充実した内容で3000円とは、ホールでの催しとしては、アメージングな価格。

VIPクラブ大阪からの感謝の気持ちが入っているらしい。

参加された方々は、それぞれに満足されたようである。


『VIP-OSAKA Christmas in 2016 荘厳にバッハ×静かにショパン〜ピアノでつづるクリスマス〜』

インタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>定例会のご案内

 

みなさま、こんにちは。

ビジネス街の心のオアシス・VIP大阪2016クリスマス特別集会

《12月定例会(第193回)》のご案内です。

 

12月は楽しい☆クリスマスシーズン。

世界各地で、イエス・キリストの誕生がお祝いされます。

そこでVIP大阪も、今回はスペシャルに、会場を「江坂ホール」に移し、

ピアニストであり牧師でもある中野博誉さんより、

クリスマスにふさわしいバッハとショパンの音楽を奏でていただきます。

(演奏予定曲目・ゲストのプロフィールは末尾をご参照ください)

 

このバッハとショパン、一人の人間として神と出会い、

しかしまた、様々な不条理の中を通りました。

その中から生まれた彼らの音楽を通して、

彼らの人生に表された神の愛と誠実さについても、お語りいただきます。

 

その合間に、立食形式のお食事とご歓談のひとときを、

そしてお楽しみ!プレゼントもご用意しております。

楽しく、しかも本当のクリスマスを、ご堪能いただきたいと思います。

お友達や仕事関係の方もお誘いくだされば幸いです。

みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げております。

 

日 時 2016年12月13日(火) 午後7時から

講 師 中野博誉氏  ピアニスト・牧師

会 場 江坂ホール(吹田市江坂町1丁目18−8 江坂パークサイドスクエア2階)

    ※ VIP関西センターとは異なりますので、ご留意下さい。

参加費 3,000円(食事付、立食形式)。

※ 食事の準備の関係上、申し込み及びキャンセルは12月9日(金)までにお願いします。

 プレゼンテーション希望者は、別途2,000円(先着1名)

 チラシの配布のみ希望の方は、別途1,000

申込先 VIP大阪事務局 Eメール vipkansai@io.ocn.ne.jp

     (Tel070-6543-8069、Fax(06)6233-0493)

 

《演奏予定》

J.S.バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」 

F.ショパン  夜想曲20番

R.シューマン 子供の情景より「夢」ほか

 

《中野博誉(なかのひろ)氏 プロフィール》

京都に生まれ、3歳よりピアノを始める。小学5年生の時に聖書物語を読み、

キリストの生涯に惹かれ、高校生の時より教会に通い始める。

理系の大学、大学院に進んだ後、神学校である聖書宣教会神学舎を卒業。

 

音楽家としては、ピアノを中野ヒサ師、吉村千鶴子師に師事。

聖書宣教会では岳籐豪希師より教会音楽を、また三谷幸子師より聖歌隊発声法、伴奏法などを学ぶ。

バッハやショパンのピアノ独奏の他、幅広いジャンルの音楽の演奏、

音楽を交えた聖書の話や、様々なアーティストの伴奏等演奏活動を行っている。

3枚のCDもリリース。繊細でユニークなピアニストと評される。

朝日放送「福音の光」ラジオ牧師、日本バプテスト同盟高槻バプテスト教会牧師。

 

VIP大阪お申込みフォーム


「お客様の心をつかむ話し方」レポート

『ベンツを日本一売ったカリスマショウルームレディが語る

「お客様の心をつかむ話し方」』レポート

 

 音楽ステージ:白鞘慧海(しらさや えみ)さん

 

USA(アメリカ)でゴスペルを学んだ本格派。

歌い始めると、のびやかな歌声に聴き惚れてしまう。オリジナルを交えて、気持ちよく歌い上げていく。5オクターブは、出ているのだろう。表現力も豊かで、心に響く。

 

これまで一般の世界で活躍していた実力シンガーである。坂本冬美さんと一緒に寝起きしたこともあったと聞いた。

30歳で大手レコード会社から独立して、自分のレーベルを出そうとした。その時に、大変な苦労をされたようだ。

しかし「キリストと出会ってから、(もっと)歌がうまくなった」という白鞘さんであった。

 

本日の出演を選んだのは、(後に登場する)清水共子さんの講演を聞きたくて、この日を選んだらしい。

清水さんの講演後、「来てよかった。聴けて良かった。」と感想を述べておられた。

 

▲白鞘慧海さん(ボーカル)、谷口卓嗣さん(ピアノ)、浜崎勇樹さん(ドラム)

 

 講演会:清水共子さん

 

清水共子さんが、『ベンツを日本一売ったカリスマショウルームレディが語る「お客様の心をつかむ話し方」』と題して講演会をされた。

もともと2時間で話す内容を、わずか40分で話すということで、過去の経歴を早口で、しかも明瞭にどんどん話されていく。

あっけに取られているうちに本題に入った。

話し方のポイントは「共感、意外、サプライズ」が結論らしい。

それを、おもむろに紐解いていく。

 

▲清水共子さん

 

▲共感について語る清水さん

 

清水さんは、結婚式の司会者等で活躍したのち、JRA(日本中央競馬会)の初代レポーターに合格して活動を開始された。

合格秘話で、身長順に並ばされて、一番低い私が合格した、と言って会場を沸かされる。当時ジョッキー(騎手)の身長が低かったため、レポーターが高いと見栄えがしないからだそうだ。

しかし、競馬関係者から取材をしようにも、おざなりの返事ばかりで、実のある答えはなかった。そこで、一計を案じられた。それが、「たばこ」。相手の好みのたばこをお渡しして、意外性を演出。また、地方出身者の場合は、地元への旅の話を切り出したり、親戚のことを切り出して、少しでも共感できるように配慮した。それから、どんどん取材に応じてもらえるようになったそうだ。

 

ヤナセへの入社試験の際に、同車がドイツの車であることを知らなかったそうだ。入社試験での面接も、サプライズと巧みな弁舌で切り抜けた。不合格だと決めつけて退散したところ、翌日合格の通知が来て、働き始めた。

チームプレーを重視して、例のたばこ作戦も駆使した。ただ、客筋のたばこは高級品。おいそれと買える金額ではないが、一台売れば1千万円。無理して、セールス担当者に協力してがんばる。お陰で、セールス担当者から多くの便宜をうけたそうだ。

お客との巧みな会話は、聞いていて楽しいし、思わず納得して頷いてしまう内容ばかり。詳細に述べたいが、それは職業講演者である清水さんの営業秘密。泣く泣く割愛する。

 

充実の内容にさすがの清水さんでも時間が延長してしまい、予定時刻を超えていく。

VIP大阪の参加者のために特別に残してくれたメッセージは、

 〃櫃録箸鮟ける。

 ⊂亟蕕範箪僂録裕い鮃發瓩襦

 信仰はあなたの心を強くする。

会場には、大きな拍手が巻き起こっていた。

 

JUGEMテーマ:キリストから受けた恵みの分かち合い


『ベンツを日本一売ったカリスマショウルームレディが語る「お客様の心をつかむ話し方」』

インタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>定例会のご案内

 

みなさま、こんにちは。

ビジネス街の心のオアシス・VIP大阪11月定例会(第192回)のご案内です。

 

11月の講師は、清水トモコ(共子)さんです。

清水トモコさんは、NHK大阪放送・神戸放送の制作番組出演、プロ司会者等を経て

1989年株式会社ヤナセに入社、

大阪支店 自動車営業部 メルセデス・ベンツ販売部に配属され、

ロイヤルショウルーム(大阪市北区中之島 リーガ・ロイヤルホテル1F)に1993年まで勤務。1990年度には2億円超の売上をもたらし、

`90年度『ヤナセレディ販売コンテスト』最優秀賞を受賞されました。

 

その後、結婚出産を経て、2000年にラジオ業界に復帰。

2004年に番組制作ができる広告代理店を設立し、2014年まで代表取締役を務め、

2010年放送のOBC「ラジオ派遣村」で、「貧困ジャーナリズム賞」を受賞しておられます。

 

現在もCM制作・インターネット動画配信、企業PRから候補者ブランディングまで

多岐に渡り活躍中の清水さん。

Facebookでは、友達5,000人・承認待ち10,000人、全国ランキング1000番以内

の人気ユーザーでもいらっしゃいます。

 

今回は、ベンツ販売日本一のショウルームレディという貴重な経験とノウハウを、

TV・ラジオで通用する巧みな話術で、VIP大阪にいらっしゃる皆様に向けて、

お話しいただきます。

既に各地の講演会で「めちゃくちゃおもろい!」「もっと続きを聞きたい!」

と好評のお話、ぜひお楽しみにお越し下さい!

 

日 時 2016年11月15日(火) 午後7時から

         (食事は午後8時30分からを予定)

講 師 清水トモコ(共子)氏

     Tomo Contents & Collaboration (TOMOCOCO) 代表

     (TVラジオInternet番組のプロデューサー)

  『ベンツを日本一売ったカリスマショウルームレディが語る

   「お客様の心をつかむ話し方」』

会 場  講演 :北浜スクエア (VIP関西センター9F

      食事 :北浜スクエア (VIP関西センター8F

参加費 々岷蕕里漾1,000円  講演+食事 3,000

 お食事の必要な方は、申し込みの際に必ず明記し、

  11月11日(金)までにご連絡ください

 プレゼンテーション希望者は、別途2,000円(先着1名)

 チラシの配布のみ希望の方は、別途1,000

申込先 VIP大阪事務局 Eメール vipkansai@io.ocn.ne.jp

     Tel070-6543-8069 Fax(06)6233-0493

 

VIP大阪お申込みフォーム


『マルチ人間の経営論&人生論』レポート

『マルチ人間の経営論&人生論』レポート

 

若さみなぎる定例会でした。

 

 音楽ステージ:関真哉さん(サックス)、若松駿平さん(ギター)

 

関真哉さんと若松駿平さんは、大阪音楽大学卒業のイケメンミュージシャン2人組。

サックスとアコースティックギターのデュオで、時にしっとりと、時にシブく奏でて頂きました。

 

 

1 You are the sunshine of my life(Stevie Wonder)

2 なだそうそう(夏川りみ)

3 アメージンググレイス

 

一同、仕事の疲れをいやされ、元気づけられる時間でした。

 

 講演会:『マルチ人間の経営論&人生論』

 

桃井亮さんは、ラジオDJ、柔道講師、書店代表取締役、英語幼稚園理事長、国際牧師など、マルチな分野でご活躍です。

 

 

まず、ラジオDJでの軽快な語り口を、実際の音源でご披露いただきました。

桃井さんの経営者としての基礎力は会話力であることを伺わせます。

 

続いて、引継いだ書店の経営を建て直したお話をしていただきました。

この書店は、自転車操業状態で、過剰な不良在庫を抱えていました。

そこで桃井さんは仕入の仕方を見直し、ホームページを立ち上げ、インターネット販売を導入し、発送費用を節減しました。

これらの経営努力により、この書店は、8年経過後、売上は5倍になり、借入金も完済し、新たな場所に移転し、5名の従業員に任せることができるまでに成長したとのことです。

経営を建て直すには、仕入から販売までのプロセスをくまなく見直すことが大切なんですね。

 

▲経営を建て直した書店

 

続いて、英語幼稚園のお話をしていただきました。

なんと、この幼稚園では英語しか話さないスクール。園児は定員の20名に達し、英会話クラスで学ぶ園児は60名にもなるそうです。

早期英語教育という社会のニーズに応えることが重要なんですね。

 

▲英語幼稚園「Kingdom Kids」

 

さらに、英語幼稚園に併設の教会についてのお話をいただきました。

桃井さんは国際牧師として、17か国、25回以上、世界各地へ行って、キリストの教えを伝えています。

教会はカフェの入口のようで、実際にも中にカフェがあります。まさにJesus Café House。

 

▲Jesus Café House入口。

 

のみならず、柔道3段で柔道講師として柔道も教えておられる桃井さん。

経営者には体力や勝負強さなども大事ですね。

年齢とともに体力は衰えますが、教え子が強くなることが教える側の喜びになっているとのこと。

 

しかも、桃井さんの関わるこれらの働きは、例えば教会と幼稚園との間など、相乗効果を発揮しているとのこと。素晴らしい。

 

このようなマルチな活動をしている桃井さんの座右の銘は…

〃兮海垢襦

⊆分の持っているものを他の人に渡していく。

だそうです。

「多くの証人の前で私から聞いたことを、他の人にも教える力のある忠実な人たちにゆだねなさい。」(聖書)

JUGEMテーマ:キリストから受けた恵みの分かち合い


『マジックショー & マジック業界でのビジネス戦略』

JUGEMテーマ:聖書

インタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>定例会のご案内

 

みなさま、こんにちは。

ビジネス街の心のオアシス・VIP大阪10月定例会(第191回)のご案内です。

 

10月の講師は、マジシャンフーガ(西河原雅弘)さんです。

フーガさんは、10代でカナダへ留学。

カナダ人の友人欲しさに訪れたキリスト教会でマジシャンと運命的な出会いをし、

以後マジックの数々のコンテストで優勝。

2005年に帰国し、以後学校公演、行政イベント、チャペル、

幼稚園・保育園、老人施設、そして企業のパーティーなどで多彩なマジックを披露。

2010年より奥様とともに、フーガ&はるかとして夫婦二人三脚で、

人々に笑顔、感動、そして愛を伝えておられます。

 

マジックショーというと、華やかさに目がいきますが、

その水面下では、プロマジシャンとして、パートナーのはるかさんとともに、

地道な努力を重ね、さまざまな苦労や喜びを経験してこられたフーガさん。

今回は、マジックだけでなく、ご自身の経験などをもとにしたマジック業界でのビジネス戦略についても、ご披露いただきます。

驚き、楽しめることはもちろん、みなさまのビジネスに役立つヒントをも得られることと思います。

 

フーガさんは、2017年1月から拠点を関東に移す予定とのことですので、その意味でも見逃せないチャンスといえそうです。

ぜひご参加ください!

 

日 時 2016年10月18日(火) 午後7時から

         (食事は午後8時30分からを予定)

講 師 マジシャンフーガ(西河原雅弘)氏 プロマジシャン

マジックショー & マジック業界でのビジネス戦略』

会 場  講演 :北浜スクエア (VIP関西センター9F

     食事 :北浜スクエア (VIP関西センター8F

参加費 々岷蕕里漾1,000円  講演+食事 3,000

※ お食事の必要な方は、申し込みの際に必ず明記し、

  10月14日(金)までにご連絡ください。

 プレゼンテーション希望者は、別途2,000円(先着1名)

※ チラシの配布のみ希望の方は、別途1,000

 

VIP大阪お申込みフォーム

 

 


『マルチ人間の経営論&人生論』

インタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>定例会のご案内
 
まだまだ暑い日が続いていますが、皆さまお変わりありませんか?
本日は、VIP大阪9月定例会(第190回)のご案内をさせていただきます。
 
9月は、英語幼稚園(一般社団法人キングダム)の理事長をされている桃井亮氏にお越しいただきます。
桃井さんは、英語幼稚園の経営だけでなく、国際牧師ラジオDJ柔道教室の講師書店経営など驚くべきほどマルチな分野でご活躍されています。
 
桃井氏は、1979年11月11日生まれ。高知大学在学中にアメリカ留学を経験。大学卒業後、サラリーマン生活を経てキリスト教系マスコミの新聞記者として活躍しました。2005年、その豊富な社会経験を生かして、長野県佐久市にあるFM佐久平の「ゴスペル・レディオ・ステーション」という番組で、「ピーチ」という愛称で「DJ」としてデビュー。これが好評を博して、現在は全国9局ネットで放送されるまでになり、またラジオ日本やラジオ大阪、KBS京都などの大手ラジオ局での「DJ」や「ディレクター」も務めました。
 
2007年には、「英語幼稚園」をスタート。『園児は、園内に入れば全て英語で話さないといけない』という徹底ぶりの教育が父兄に受けて、現在では約20名の園児と60名の英語教室の生徒が常時在籍するまでに成長しました。同時に、借金を抱え自転車操業状態であった「書店」を引き継ぎ、「代表取締役」としてその経営を立て直し、現在ではスタッフ5人を抱える黒字会社に転換させました。
 
2008年からは、高校・大学時代から柔道をしていたその特技(柔道3段)を生かして、ミズノスポーツスクールで子供たちに柔道を教えるようになりました。さらに、2009年からは「牧師」としてデビュー。海外への宣教旅行も経験し、これまで約20ヶ国を訪問しました。7年目の今年は、100人を収容できる教会堂を和泉市に建設。カフェや国際交流、地域清掃活動等を通じて、地域社会にも貢献しています。
 
今回桃井さんには、『マルチ人間の経営論&人生論』と題して、様々な事業に関わることのメリットと相乗効果や、新たな事業をスタートさせる秘訣、マイナス局面の乗り越え方、マルチな才能と経営手腕の根底にあるもの等について話をしていただく予定です。普段私たちがなかなか体験できない様々な話が聞けると思いますので、奮ってご参加ください。

 

日 時 2016年9月13日(火) 午後7時から

      (食事は午後8時30分からを予定)

講 師:桃井 亮 氏 (一社)キングダム理事長

〈英語幼稚園〉、国際牧師、ラジオDJ、柔道講師等々

『マルチ人間の経営論&人生論』
会 場 講演 :北浜スクエア (VIP関西センター9F)
  食事 :北浜スクエア (VIP関西センター8F)
参加費 々岷蕕里 1,000円 講演+食事 3,000円

※ お食事の必要な方は、申し込みの際に必ず明記し、

  9月9日(金)までにご連絡ください。
※ プレゼンテーション希望者は、別途2,000円(先着1名)
※ チラシの配布のみ希望の方は、別途1,000円

 

VIP大阪お申込みフォーム


『外国人観光客に大阪の魅力を伝える −最近の道頓堀ホテルの集客戦略−』レポート

大阪には、高級ホテルや大手のビジネスチェーンホテルなどたくさんの宿泊施設があります。そのなかで売り上げを伸ばし、マスコミの注目を集める大阪・なんばの「道頓堀ホテル」。稼働率9割、うち9割が外国人観光客という同ホテルのロビーは目を見張るほど活気にあふれています。この背景には、どのような戦略があるのでしょうか?道頓堀ホテルの経営者・橋本明元さんが登壇し、“おもてなしホテル”にかける意気込みとこだわりについて話しました。

 

■ 音楽ステージ・・・クリスチャンシンガー 南敦子さん

 

▲今回のゲストは、ソプラノのクリスチャンシンガー 南敦子さん。

 

“あなたの心に太陽を”をテーマに、「雨に歌えば」「雨のメドレー」、カンツォーネの「コン・テ・パルティロ」(英語: Time To Say Goodbye)の三曲を高音の伸びやかな美声で披露。会場が、やさしく華やいだ雰囲気に包まれました。

子どもの頃からの『オペラ歌手になりたい』という夢を叶えた南さん。歌い続けることに疲れてしまったある日、同業の友人クリスチャンがいきいきと歌う姿に触発され、初めて教会を訪れた、その時の体験を話してくださいました。

現在、“歌う喜び”を与えてくれた讃美歌や教会音楽に力を注ぎ、音楽活動で全国各地を飛び回る日々を送っておられます。

 

講演会『外国人観光客に大阪の魅力を伝える−最近の道頓堀ホテルの集客戦略−』

● 橋本明元さんのプロフィール  

株式会社王宮 専務取締役。1975年生まれ。同志社大学法学部法律学科卒業後、川村義肢株式会社に入社。営業として5年程学んだ後、1999年 株式会社王宮入社。翌年には上海国際語学学院に留学し、現地ホテルの上海国際貴都飯店に入社。青島シャングリラホテルでは日本人客専属のクレーム対応係として経験を積む。2005年 株式会社王宮 再入社し、現在に至る。


「アベノミクスの功罪」レポート

 

司会のあいさつで始まった定例会。

まず、音楽ゲストが登場した。住澤怜伽(すみざわ れいか)さん

シンガーソングライターで、大阪音楽大学大学院歌曲研究室卒業の才媛である。

 

P1040319.JPG

 

さわやかで伸びのある声で、三曲ピアノの弾き語りで歌われた。

聴きなじんでいる曲と彼女のオリジナルである。彼女の力量を存分に発揮していた。

オリジナル曲の歌詞は、分かりやすく、親しみやすい。

この定例会には、3回目だそうだ。忘れずに、呼んでくれたことにMCで感謝を述べていた。

 

本年3月に卒業をして、これからの人生に少し戸惑いと迷い、

悩みがあることも率直に語られるなか、1週間前に作られたという最後の曲が印象に深い。歌い終わったあと、会場に大きな拍手が起こっていた。

 

P1040320.JPG

 

講演会「アベノミクスの功罪」

 

P1040321.JPG

 

続いて、講師の原田輝彦さんが登壇。関西大学 政策創造学部 政策学科教授である。

前職は日本開発銀行に勤めて居られて、実社会での経験が生かされた学究であると感じられた。転職してもう約10年らしい。「アベノミクスの功罪」というテーマで講演された。

パソコンを使ってのスライド・プレゼンテーションがあって、理解しやすい。

 

まずアベノミクスとは何か、ということから入る。

円高、低株価のなか、経済成長を進めるために諸策を複合させて成果をあげるもの。

金融政策だけが目立っているが、それだけではない。

デフレとインフレの違い、どちらが幸せか、という論点も興味深い。経済学で人は救われるか、という問いについて、原田さんの意見としては、70%は救われるが、30%は救われない、という結論だった。経済学は、イギリスで18世紀後半に成立した若い学問。これからの先に大きな成果を発揮するのだろう。

講演後、原田さんの熱演に会場が大きな拍手に包まれた。充実した講演だった。

 

P1040322.JPG

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

VIPクラブ関西

categories

selected entries

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

こころから
こころから (JUGEMレビュー »)
吉村 美穂 with クローバー

recommend

recommend

recommend

GOSPEL RADIO STATION Vol,1
GOSPEL RADIO STATION Vol,1 (JUGEMレビュー »)
神山みさ,Yoshi Blessed,Genuine Grace,ゆかり☆Gospel,Hide-c.,福原タカヨシ,重延勇矢,上原ヨシュア,Michiru,ROUTE OF SOUL (横山大輔)

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)
眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヒルティ
VIP大阪・梅津会長の人生を変えた一冊

recommend

links

ぶどうの木滋賀 ブログ

VIPアルパインローズビレッジ

VIPアルパインローズビレッジ

VIP関西センターテナント情報

profile

書いた記事数:100 最後に更新した日:2017/01/06

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM