| インターナショナルVIPクラブ関西 公式ホームページ | 集会案内 | 本部・各支部紹介 |



「『これが欲しかった!』を造り続ける秘訣 〜紙筒からテーブルマスクまで〜 」

インタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>定例会のご案内

 

みなさま、こんにちは。

ビジネス街の心のオアシス・VIP大阪7月定例会(第225回)のご案内です。

 

VIP大阪は、新型コロナウイルスの影響により3月から6月までの定例会を中止致しましたが、

その後大阪府では感染者数が落ち着いていることなどから、

7月定例会は動向を注視しつつ、『3密』回避などの新型コロナウイルス対策を講じた上で、開催いたします。

何卒ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

7月の講師は、株式会社昭和丸筒(まるつつ)商品企画室室長の香川勝彦さんです。

昭和丸筒は、東大阪市に本社を置く大正12年10月創業の総合パッケージメーカーです。

紙筒や巻き芯に始まり、樹脂成型品、物流包装材、容器などへと製品の幅を広げてきました。

昨今では新型コロナ対策の『テーブルマスク』をいち早く製品化し販売しています。

 

香川さんは、昭和丸筒でいくつもの商品を企画し、製品化してこられました。中には特許発明となったものもあるようです。

香川さんはどのようにして新しい着想を得、カタチにしてこられたのでしょうか?

また昭和丸筒はどのようにして、モノづくり企業を継続してこられたのでしょうか?

 

今回は香川さんのお話から、商品企画開発の舞台裏を垣間見させていただき、

ご自身のビジネスや生き方のヒントを得ていただければと思います。

皆様のお越しを、お待ちいたしております。

 

【お知らせ&お願い】

 かぜのような症状がある人はご来会をお控え下さい。ご健康時のご来会をお待ちいたしております。

来会時には、マスクをご着用の上、アルコール消毒液をご使用下さい。

 会場では、感染拡大防止のための換気や距離確保などにご協力下さいますよう、お願い致します。

今月は、音楽ゲストや食事&歓談の時間はございません。予めご了承下さい。

 

講 師 香川 勝彦氏(蠑赦卒歸 商品企画室室長)

     「『これが欲しかった!』を造り続ける秘訣

       〜紙筒からテーブルマスクまで〜 」

日 時 2020年7月14日(火)午後7時〜午後8時15分(予定)

 ※今月は音楽ゲストや食事&歓談の時間はございません。予めご了承下さい。

会 場 北浜スクエア8階(大阪市中央区北浜2−3−10

    VIP関西センター8F)

参加費 1,000円

 ※ 会場準備の都合上、7月13日(月)までにお申込くだされば幸いです。

 ※ プレゼンテーション希望者は、別途2,000円(先着1名)

 ※ チラシの配布のみ希望の方は、別途1,000円

申込先  VIP大阪事務局(Eメール:vipkansai@io.ocn.ne.jp、

     Tel:070-6543-8069、Fax:06-6233-0493)

 

VIP大阪お申込みフォーム


VIP大阪6月定例会中止のお知らせ

VIPクラブ<大阪>6月定例会中止のお知らせ

 

6月9日(火)午後7時から予定されておりました、
インタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>6月定例会は、
新型コロナウイルスの影響を考慮し、中止とさせていただきます。
参加を予定されていた方には、大変申し訳ございませんが、
ご理解賜りますようお願い申し上げます。

皆様のご健康をお祈りいたします。

今後ともインタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>をよろしくお願いいたします。
 

また活動を再開し皆様と再会できます日を期待しつつ
VIPクラブ<大阪>世話人会一同


VIP大阪5月定例会中止のお知らせ

VIPクラブ<大阪>5月定例会中止のお知らせ

 

5月12日(火)午後7時から予定されておりました、
インタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>5月定例会は、
新型コロナウイルスの影響を考慮し、中止とさせていただきます。
参加を予定されていた方には、大変申し訳ございませんが、
ご理解賜りますようお願い申し上げます。

皆様のご健康をお祈りいたします。

今後ともインタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>をよろしくお願いいたします。
 

また活動を再開し皆様と再会できます日を期待しつつ
VIPクラブ<大阪>世話人会一同


VIP大阪4月定例会中止のお知らせ

VIPクラブ<大阪>4月定例会中止のお知らせ

 

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言のため、
4月14日(火)午後7時から予定されておりました、
インタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>4月定例会は、
中止とさせていただきます。
参加を予定されていた方には、大変申し訳ございませんが、
ご理解賜りますようお願い申し上げます。

皆様のご健康をお祈りいたします。
今後ともインタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>をよろしくお願いいたします。

 

VIPクラブ<大阪>世話人会一同


VIP大阪3月定例会中止のお知らせ

VIPクラブ<大阪>3月定例会中止のお知らせ

 

3月10日(火)午後7時から予定されておりました、

インタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>3月定例会は、

新型コロナウィルスの影響を考慮し、中止とさせていただきます。

ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

皆様のご健康をお祈りいたします。

今後ともインタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>をよろしくお願いいたします。

 

VIPクラブ<大阪>世話人会一同


「夢屋の夢」レポート

「夢屋の夢」レポート

 

音楽ゲスト:南敦子さん、野田常喜さん

 

▲南敦子さん

 

 ソプラノシンガー南敦子さんの歌と、野田常喜(つねよし)さんのピアノ伴奏を、何時もながらしっかり楽しんだ。

南さんの歌声は、豊かでよく伸びて美しい。ミュージカル・ナンバーからスタート。心地よい。

 野田さんのピアノは、やわらかく鮮やかな変化に富み楽しませる。しなやかに、歌声を支えているピアノの響きだった。

あっという間の音楽タイム、お二人に大きな拍手が会場に起こった。

 

▲野田常喜さん
 

講師:堤重和さん

 

講師は、建築デザイン事務所の(株)夢屋・代表取締役の堤重和さん。「夢屋の夢」というタイトルで話された。

 

▲堤重和さん

 

1 約20年前に、このVIP大阪の定例会で話されている。今回で2回目の講演である。そのときにも話されたという堤さんの過去のストーリーは、次のような内容だったと語られた。

 

「京都に生まれ、建築を苦学したのち、22歳の秋、自分探しの旅先のパリでステキなカフェに出逢いました。「このステキなカフェのオ−ナ−になりたい!」と一瞬にひらめいた夢から始まり、店舗デザイン、設計から施工、そしてカフェ経営のノウハウを実地で学び、26歳でカフェ・オーナーとしての夢をかなえ、27歳には建築デザインに専念するようになり、31歳で建築デザイン事務所の(株)夢屋を設立。若くして一定の成功を得ました。ですがその後、さらに事業を展開する中で、お母様や親しい友人の死などをきっかけに、小さい頃から自分に問いかけてきた「何で生まれてきたのか?」「何のためにがんばるの?」「なぜ生きるのか?」という問いに直面。悩み苦しんだ末に答えを得た私は、本当に幸いな人生を走り出しました。」

 

2 今回は、過去のストーリーをベースに、現在の発展形を続けてのべられた。

 

 スライドで今まで手掛けてこられた店舗や建築作品を紹介された。20年経って、現在はゲストハウスの建築など多彩な仕事へと広がっていて、仕事で儲けて「やりがい」があるが、いつしか「生きがい」を失くしていた、と語られた。

 

 堤さんのお父様は、戦争の傷によって、酒で身を持ち崩した。人を殺す感触が手と心に鮮やかに残っていて、酒を止めることが出来なかった。そのため家庭の貧しかった堤さんはバイトをしながら、大学は夜間で建築を学ぶ。ある人から25歳で死ぬと予言されて、19歳でヒッピーになった。北海道から沖縄まで旅した。宿は駅やバス停で野宿かユースホステル。まず、泊まる場所を見つけてから街をうろつく。最終点を先に見つけておくことが大切である。季節労働をしながらロンドンで3年半いた。レストランのまかない料理を作るのが上手かったので、重宝がられた。ロンドンからパリへ、それからギリシャへと渡って、帰国した。そして、店舗工事屋さんで儲けた。知り合った今の奥様との結婚は、親の反対で話が進展しなかった。そこでマンションを買い、その鍵を彼女に渡して、添い遂げることができた。

 

 建築した喫茶店では、仕入れもメニュー作成も手伝い、カウンターにも立つ。良い評判を呼んで、どんどん客が客を紹介してくれるので仕事が来る。やりたいことと、やらねばならないことが一致した。仕事を通して、「やりがい」が出る。

 

 しかしお母様の病気や友人の飛行機の操縦訓練での事故死などが、教会へ行く契機となった。そこではじめて、自分が何かを成し遂げるよりも前に、神の目に価値のある存在と見られていたことを知った。「生きがい」を見つけたのである。

 

 印象に残ったのは、スティーブ・ジョブズの最後のことばを引用しつつ、生きがいは自分のすぐ横にある、やりがいより生きがいが、もっと大切だ、と述べられたことである。私たちの魂が、聖書のことばの1つ1つで満たされる旨のお話で終わられた。

 

 結局、20年経って少しも成長してなくて、「やりがい」よりも「生きがい」の大切な意味をあらためて再認識した、と言われたが、人生で大切なことを悟られたのは貴重である。良い講演だった。


「夢屋の夢」

インタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>定例会のご案内

 

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

ビジネス街の心のオアシス・VIP大阪2020年1月定例会(第224回)

のご案内です。

本年もVIP大阪をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2020年1月の講師は、建築デザイン事務所の(株)夢屋・代表取締役の

堤重和さんです。

音楽ゲストは、南敦子さん(シンガー)、野田常喜さん(ビアノ)です。

 

堤さんは京都に生まれ、建築を苦学したのち、22歳の秋、自分探しの旅先のパリでステキなカフェに出逢いました。

「このステキなカフェ・テラスのオ−ナ−になりたい!」との夢から始まり、

コーヒーや店舗工事を実地で学び、26歳でカフェ・オーナーの夢をかなえ、

27歳には建築デザインに専念するようになり、31歳で建築デザイン事務所の(株)夢屋を設立。

 

若くして一定の成功を得た堤さんですが、

その後、さらに事業を展開する中で、お母様や親しい人の死などをきっかけに、

小さい頃から自分に問いかけてきた「何で生まれてきたのか?」

「何のためにがんばるの?」「なぜ生きるのか?」という問いに直面。

悩み苦しんだ末に答えを得た堤さんは、本当に幸いな人生を走り出しました。

 

…以上のお話は、約20年前にVIP大阪の定例会でのお話のもの。

その後20年を経て、堤さんは「夢屋には夢があります」と語られます。

どのように建築デザイン事務所を展開してこられたでしょうか?

またどのような人生を走ってこられたでしょうか?そしてその将来は?

 

堤さんの貴重な体験談からもぜひ、ご自身のビジネス成功や人生成功のヒントを得てくださり、本当の幸いを体験してくださることを願います。

皆様のお越しを、お待ちいたしております。

 

講 師 堤 重和 氏(株式会社夢屋 代表取締役)

     「夢屋の夢」

音 楽 南敦子氏(シンガー)、野田常喜氏(ビアノ)

日 時 2020年1月21日(火)午後7時〜午後9時(予定)

     _察ヽ據  :午後7時より

      講 演   :午後7時20分より

     ⊃事&歓談 :午後8時20分より

      (講演後、歓談や交わりの時間として希望者には

       お食事をご用意しています。要事前申込み)

会 場 北浜スクエア8階(大阪市中央区北浜2-3-10 VIP関西センター8F)

参加費 _山據講演 1,000円  音楽・講演+食事&歓談 3,000円  

※ お食事の必要な方は、申し込みの際に必ず明記し、1月17日(金)までにご連絡ください。

※ プレゼンテーション希望者は、別途2,000円(先着1名)

※ チラシの配布のみ希望の方は、別途1,000円

申込先  VIP大阪事務局(Eメール:vipkansai@io.ocn.ne.jp、

      Tel:070-6543-8069、Fax:06-6233-0493)

 

VIP大阪お申込みフォーム


「VIP大阪クリスマスライブ〜本物のゴスペルをあなたに。〜」レポート

「VIP大阪クリスマスライブ〜本物のゴスペルをあなたに。〜」レポート

 

司会者のメリークリスマスからスタート。会場はいつもと違う吹田市江坂にある江坂ホールで行なった。

天井に届くほどの背の高い大きなツリーが2基、ステージの左右に据え付けられている。

テーブルと椅子があって、ビュッフェ形式で食事が楽しめる。お料理は軽いサンドイッチぐらいかと思ったら、たっぷりの量で驚いたと、相席の参加者が言っておられた。

 

▲クリスマスライブ会場

 

食事が一段落して、Emi & Takuji Music Ministryの白鞘慧海(しらさや えみ)さん・谷口卓嗣(たにぐち たくじ)さんによるクリスマス・ライブ。

 

▲歌う白鞘さん、ピアノを弾く谷口さん
 

谷口さんのピアノの伴奏に合わせて、白鞘さんが歌い始める。豊かな声量で、聴く者をなぜか安心させる。5オクターブのゴスペルシンガーと紹介された高く透き通った伸びる声だ。言葉がとても明瞭で、歌詞の内容が分かりやすい。

ピアノの音は美しい響き。歌に合わせて微妙に変化していく。息のあったお二人。クリスマスソングは心に温かい。参加者と一緒に歌う楽曲は、手拍手でリズムをとり楽しい時間だ。皆さんの声が一段と高くまで伸びて行く。

 

▲白鞘慧海(しらさや えみ)さん

 

谷口さんは、ギターに持ち替えてのソロ演奏。心地良い響きに聞きしれる。

白鞘さんの歌声は不思議な感じがした。あふれる愛の源泉をもつ歌手だと思った。注ぎだす愛の力が強く聴く者に迫ってくる。楽しく、こころが躍った。

 

▲ギターに持ち替えた谷口さん

 

ライブの中、谷口さんのクリスマス・メッセージ。優しく、しかし力強い。クリスマスは私達の罪のために十字架にかかり、そしてよみがえられたイエス・キリストの誕生を祝う時。そこに込められた真理をたとえ話で語られた。

「犯罪」ではないが「罪」という言葉の意味。神様から離れて生きる私達。そんな私達が、神様とともに生きられるようにと、神様がイエス・キリストを贈って下さった。

単なるパーティではなく、人が生きるために必要な大切なことを知ってもらいたい。本当のクリスマスはそのことを伝えていると知らされた。

 

▲谷口さんのクリスマス・メッセージ

 

▲会場のみなさまと一緒に「きよしこのよる」を歌う

 

最後のクリスマスプレゼント抽選会では会場から歓声があがった。読み上げられるナンバーに、ドキドキ感が満ちていた。

今年も、このクリスマス会に来られて、良かった。


「VIP大阪クリスマスライブ〜本物のゴスペルをあなたに。〜」

 

みなさま、こんにちは。

ビジネス街の心のオアシス・VIP大阪2019年クリスマスライブ 《12月定例会(第223回)》のご案内です。

 

今年もあっという間に12月ですね。

みなさまにとってどんな1年でしたか?…1年を振り返る前に、クリスマスですね!

 

12月の定例会は、会場を『江坂ホール』に移し、

Emi & Takuji Music Ministryの白鞘慧海さん・谷口卓嗣さんによるクリスマスライブです!

 

白鞘慧海さんは、シンガー&ソングライターとして、1995年ビクターエンタテインメントよりデビュー。

現在はゴスペルアーティストとして、ピアニスト&ギタリストで夫の谷口卓嗣さんとともに、

各地でゴスペルコンサート等を行い、音楽を通して、癒しや励ましを人々に伝えています。

 

心を揺さぶる5オクターブの歌声による本物のゴスペルと、

心に染み入るトークで、癒しや励ましをあなたにお届けしたいと思います!

 

会場では、おいしいお食事(立食形式)とソフトドリンクもご用意しております。

ライブの前後には、クリスマスの華やかな雰囲気の中で、友人知人とのご歓談・異業種交流のひとときをお楽しみ下さい!

みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げております。

 

<お知らせ>

今回の会場は普段の定例会と異なり『江坂ホール』となっておりますので、お間違えのないようにお願い致します。

 

公 演  白鞘慧海さん(シンガー)・谷口卓嗣さん(ピアノ・ギター)

      「VIP大阪クリスマスライブ

       〜心を揺さぶる5オクターブの歌声。本物のゴスペルをあなたに。〜」

日 時  2019年12月10日(火)午後7時〜午後9時(開場午後6時30分)

会 場  江坂ホール(吹田市江坂町1丁目18−8 江坂パークサイドスクエア2階)

       (HP:www.esakahall.com  TEL 06-6155-9735)

*VIP関西センターとは異なりますので、ご留意下さい。

交 通  大阪市営地下鉄御堂筋線「江坂駅」下車 1番出口から徒歩5分

参加費  【一般】4,000円  【学生】(大学生まで)2,500円

      (ソフトドリンク・食事付)

*食事の準備の関係上、申し込み及びキャンセルは12月6日(金)までにお願いします。

申込先 VIP大阪事務局 Eメール vipkansai@io.ocn.ne.jp

      Tel070-6543-8069 Fax(06)6233-0493

 

VIP大阪お申込みフォーム


「驚異のインバウンドブームと武道ツーリズムの可能性」レポート

「驚異のインバウンドブームと武道ツーリズムの可能性」レポート

 

音楽ゲスト:藤田 尚之さん

 

音楽ゲストは、シンガーの藤田 尚之さん。

 

▲藤田 尚之さん

 

やわらかい響きでしなやかに、それでいて、ことばが心に突き刺さるような歌声が、心地よい。

2曲目はゴスペル曲からの選曲、会場からの手拍子と掛け合いで楽しく歌い上げる。

3曲目は、ピアノの調べに合わせてしっとりと歌われた。

巧い歌い方だ。高名なゴスペルシンガーに学ばれていると聞いた。

歌詞を大切にする気持ちの良いシンガーだった。

 

講師:山中 知義さん

 

講師は、山中 知義さん。Experience KENDO代表であり、インストラクターである。

かつ、キリスト教会の牧師という異色の肩書。

上背があって、しっかりとした体格。剣道着を着て防具を付けて構えると、相当の迫力だと思った。

 

▲山中 知義さん

 

▲山中さんとExperience KENDO

 

Experience KENDOは、京都で、剣道体験を通じて訪日外国人に日本文化を知ってもらう働きである。

場所は京都にある剣道の聖地と言われる武徳殿。現在は京都市の体育館の一つであるが、剣道体験にうってつけの場所である。

1回の体験は2時間。最初にたっぷり30分間を使って、剣道の歴史と日本文化の背景にある武士道を説明する。「2時間の日本留学」体験である。

 

教える者として心がけていることは、玄人志向に傾きすぎないこと、しかし剣道を貶(おとし)めないこと。剣道の精神を微塵も揺るがすことなく、単にビジネスに走ることの無いように留意されている。

剣道の試合では、勝者はおごらず敗者に礼をわきまえる。技を決めて「1本」を取っても、ガッツポーズをすれば審判は即「1本」を取り消す。そんな話を参加者にして、「武士道」と呼ばれている日本人の精神構造や「礼儀」にまで話を及ばせる。

日本政府の推奨する「武道ツーリズム」の健全な模範的モデルを目指しており、サイト評価でトップクラスに置かれている。

 

自分の家系、留学体験、牧師であることなどを述べて、キリスト教の根幹である「恵み」、「許しあうこと」をも大切に語る。

わずか2時間の剣道体験だが、こころの視野のストレッチ体験と説明された。もとは、民宿から入ったプロジェクト。良いプログラムに変わっていったと感じた。大切な事業をされている。

 

時代に乗り、よい場所を利用して、よい内容のサービスを提供し、よい評価を残してもらう。その根本にある健全な精神。ビジネス成功の秘訣を実例から学ぶことのできるよい機会だった。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

VIPクラブ関西

categories

selected entries

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

こころから
こころから (JUGEMレビュー »)
吉村 美穂 with クローバー

recommend

recommend

recommend

GOSPEL RADIO STATION Vol,1
GOSPEL RADIO STATION Vol,1 (JUGEMレビュー »)
神山みさ,Yoshi Blessed,Genuine Grace,ゆかり☆Gospel,Hide-c.,福原タカヨシ,重延勇矢,上原ヨシュア,Michiru,ROUTE OF SOUL (横山大輔)

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)
眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヒルティ
VIP大阪・梅津会長の人生を変えた一冊

recommend

links

ぶどうの木滋賀 ブログ

VIP関西センターテナント情報

profile

書いた記事数:169 最後に更新した日:2020/07/01

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM