| インターナショナルVIPクラブ関西 公式ホームページ | 集会案内 | 本部・各支部紹介 |



「VIP大阪 Chiristmas LaLo Special Live」ご案内

インタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>定例会のご案内
みなさま、こんにちは。
ビジネス街の心のオアシス・VIP大阪
2018年クリスマス・スペシャルライブ《12月定例会(第213回)》
のご案内です。
12月は、会場を『江坂ホール』に移し、
LaLo(ラロ。ヴァイオリン・Eikoとピアノ・Chisaによるデュオ)にご登場いただきます!

 

LaLoのお二人は、京都市立芸術大学音楽部のご出身で、

オリジナル曲を中心に、ジャンルにとらわれない音楽で各地にて幅広くライブ活動を展開。
舞台音楽やイベント音楽制作、ラジオのゲスト出演、テレビゲスト出演なども経験。
パナソニックなど企業のCMやプロモーションビデオなどにもオリジナル曲を提供。
その独特のメロディーと癒しのサウンドが、広い年齢層に人気を博しています。
お二人の透きとおるピアノとヴァイオリンで、忙しいあなたにも、癒しと力を届けていただきます。
会場では、おいしいお食事(立食形式)とソフトドリンクもご用意しております。
ライブの前後には、クリスマスの華やかな雰囲気の中で、
友人知人とのご歓談、異業種交流のひとときをお楽しみ下さい!
みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げております。
<お知らせ>
今回のVIP大阪クリスマス・スペシャルライブ《12月定例会》は、
会場を『江坂ホール』に移すだけでなく、
開催日もこれまでの火曜日ではなく、木曜日となっておりますので、
お間違えのないようにお願い致します。

日 時 2018年12月13日(木)午後7時から(開場午後6時30分)

音 楽 LaLo (ヴァイオリンとピアノのデュオ)

    「Christmas SPECIAL LIVE

     〜透きとおるピアノとヴァイオリン。癒しと力を、忙しいあなたに。〜

会 場 江坂ホール(吹田市江坂町1丁目18−8

    江坂パークサイドスクエア2階)

*VIP関西センターとは異なりますので、ご留意下さい。

参加費 【一般】4,000円  【学生】(大学生まで)2,500

(ソフトドリンク・食事付)

*食事の準備の関係上、申し込み及びキャンセルは12月10日(月)までにお願いします。

申込先 VIP大阪事務局 Eメール vipkansai@io.ocn.ne.jp

      Tel070-6543-8069 Fax(06)6233-0493

 

VIP大阪お申込みフォーム


「中小企業の成長を加速する知的財産戦略〜中小企業だった日亜化学の事例に学ぶ〜」レポート

 「中小企業の成長を加速する知的財産戦略〜中小企業だった日亜化学の事例に学ぶ〜」レポート

 

音楽:松下弥生さん

 

オペラ歌手の松下弥生さんが音楽ゲストで歌い始めた。

ことばを大切にして美しく、柔らかいけれどしっかり力強い歌声。

メロディーに乗せたことばが心に語り掛け、会場いっぱいに広がる圧倒的な声量に心が躍っていく。

 

▲松下弥生さんの会場いっぱいに響きわたる歌声!

 

何曲かジャンルの違う楽曲を用意された。ミュージカルの曲は楽しく、舞台のワンシーンが目に浮かぶ。日本の楽曲も歌われた。ことばがメロディーとともに心に沁みわたる。アンコールは、「カッチーニのアヴェマリア」。抑揚のきいた歌声は、切なく気持ちよく聴けた。素晴らしいシンガーだった。

 

講演:芥川勝行さん

 

芥川勝行さんが、中小企業から世界トップの光半導体メーカーとして大きく成長した「日亜化学工業株式会社」について語られた。現在、法知本部取締役本部長の立場である。

 

▲芥川勝行さん

 

日亜化学の所在地は徳島県阿南市。四国の田舎と自ら言われ、家庭の電気製品が故障してもすぐには修理に来てくれないようなところだったとのことである。現在は、そこに約1万人の従業員が働き、4000億円の売り上げを上げている。

この成長の秘訣は、潤沢な資金を投じて自由に研究開発をさせたこと。オリジナルで勝負して特許で権利確保をしたこと。経営者の豪胆さと運の良さ。以上があげられる。

 

青色発光ダイオードの開発では、他の著名な日本の研究者が年間300万円の予算で研究している一方、日亜化学では年間3億円の資金で研究していた。100倍の開きがあった。青色、緑色、白色発光ダイオードを次々に開発した。スマートフォンの登場で電力消費量の少ない発光ダイオードは、高価ながらも広く活用され、主に液晶画面のバックライト用として利用されている。利益の一部は、多くの研究や事業に、研究開発費等として寄付している。それも成長の秘訣なのだろう。

 

このように強い特許が特徴にみえる日亜化学だが、ものづくりや販売など実業の基盤がしっかりしていることが、特許などの知的財産を支えていると考えているという。また、経営陣の意思決定や変更が迅速・柔軟であることも特徴的であるとのことである。従業員の意欲や組織力も見逃せない。

 

データと写真で分かりやすく話されて、楽しく、分かりやすく聞かせていただいた。良い講演だった。


「VIP大阪クリスマスライブ LaLo Special Live」ご案内

 「VIP大阪クリスマスライブ LaLo Special Live」ご案内

 

「VIP大阪クリスマスライブ LaLo Special Live」

〜透きとおるピアノとヴァイオリン。癒しと力を、忙しいあなたに。〜

 

日 時

2018年12月13日(木)

開場:18:30

開演:19:00

終了:21:00(予定)

 

会 場

ESAKA HALL

〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-18-8 江坂パークサイドスクエア2 階

(大阪市営地下鉄御堂筋線「江坂駅」下車、1番出口より徒歩4 分)

TEL:06-6155-9735 HP:www.esakahall.com

 

参加費 … ソフトドリンク・食事付

一般4,000円(税込)・学生2,500円(税込) 

 


「中小企業の成長を加速する知的財産戦略〜中小企業だった日亜化学の事例に学ぶ〜」

インタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>定例会のご案内

 

みなさま、こんにちは。

ビジネス街の心のオアシス・VIP大阪2018年11月定例会(第212回)

のご案内です。

今月の講師は、芥川勝行さん(日亜化学工業(株) 法知本部 取締役本部長)です。

 

芥川さんは、1973年大日本塗料に入社し、2年間の技術者経験ののち、同社特許部に異動。以後、三菱化成の特許部、三菱化学アメリカ社・三菱化学の知的財産部次長を経て、2002年に日亜化学へ入社。

現職の法知本部・取締役本部長に至るまで、30年以上に渡って、特許などの知的財産戦略の現場に携わってこられました。

 

芥川さんの入社前後の日亜化学といえば、1993年に青色LEDを事業化。

以後、半導体レーザーとともに光半導体の世界トップメーカーとして高成長を続け、

1996年から2017年の21年間に従業員数は11倍、売上高は12倍に拡大。

今や世界的に知られる大企業ですが、かつては中小企業でした。

 

今回は、知財戦略の面で日亜化学の高成長を支えたキーパーソンの一人である芥川さんのお話から、知財戦略を軸とする高成長の秘訣を学び取れる貴重な機会です。

 

様々な困難の中で、芥川さんが何を大切にし、どのように考え行動してこられたか

ビジネスパーソンや専門職の方だけでなく、困難の中にあるすべての人にも役に立つ内容であるに違いありません。

皆様のお越しを、お待ちいたしております。

 

講 師 芥川 勝行 氏 (日亜化学工業(株) 法知本部 取締役本部長)

    「中小企業の成長を加速する知的財産戦略

     〜中小企業だった日亜化学の事例に学ぶ〜」

音 楽 松下 弥生 氏(オペラ歌手)

日 時 2018年11月13日(火)午後7時〜午後9時(予定)

     _察ヽ據   :午後7時より

      食事&歓談  :午後7時30分より

     講 演    : 午後8時より

会 場 北浜スクエア8階(大阪市中央区北浜2-3-10 VIP関西センター8F)

参加費 _山據食事&歓談+講演 3,000円 講演のみ 1,000円

 ※ お食事の必要な方は、申し込みの際に必ず明記し、

   11月9日(金)までにご連絡ください。

 ※ プレゼンテーション希望者は、別途2,000円(先着1名)

 ※ チラシの配布のみ希望の方は、別途1,000円

申込先 VIP大阪事務局 Eメール vipkansai@io.ocn.ne.jp

      Tel070-6543-8069 Fax(06)6233-0493

 

VIP大阪お申込みフォーム


「人生のターニングポイント 〜一生かけて得る価値のあるもの」レポート

「人生のターニングポイント 〜一生かけて得る価値のあるもの」レポート

 

司会は、ニューフェースで、灰谷智子さん。彼女のやわらかい挨拶から始まった。

インターネットラジオ「ゆめのたね」の番組「らんらん♡らじお」のパーソナリティをされている。

VIP大阪での司会は初めてにもかかわらず、なめらかに進行していく。

 

音楽:稲岡大介さん

 

今月の音楽ゲストは、稲岡大介さん。

ハンマーダルシマー奏者、作曲家でもある。

 

▲稲岡大介さん

 

ハンマーダルシマーは、アイルランドの楽器で、弦を小さなスプーン状の木製のハンマーで叩くもの。弦を弾いて演奏する楽器が多い中にあって、珍しい存在。ピアノの原型とも言われている。

 

▲珍しい、ハンマーダルシマー

 

澄んだ音色で心が洗われるような感じ。私たちの琴線にふれる演奏だった。

アンコールの後、もう一度大きな拍手に演奏を終えられた。

 

講演:幸内智明さん

 

講師は、幸内智明さん(住友化学(株)アグロ事業部 営業部)。

組織人としても、自らのスタンスをゆるがせにしない生き方をしてこられた。

聖書に基づく自らの信念に照らして考えていく、という生き方である。

 

▲幸内智明さん

 

今年のノーベル賞受賞者の本庶佑さんの言葉「教科書をすべて信じてはいけません。教科書には必ず『うそ』が書いてあります。」を引用して話された。

「人類は、猿人、旧人、新人を通して進化した。」という世界史の教科書の言葉に対し、聖書の創世記第1章第1節「初めに、神が天と地を創造した。」が自分の思考回路の原点だと言われた。

 

人生の3つの大きな選択(ターニングポイント)についても話された。

「what to work」(何の仕事につくか)

「who to marry」(だれと結婚するか・独身でいるか)

「what to believe」(何を信じるか)。

これらは、終末期医療に携わる医師によれば、人が人生の最期に述懐することなのだという。とくに何を信じるかが、最も根本的なことで、大事だという。

 

いくつもの失敗を重ねてきたが、失敗を通してさまざまなことを経験し、学んだ。

いろんなことが起きる中、何を優先し、何を選ぶかを大切にすること。

常に変わらないものに心を向けること。

それを今まで歩んできた人生から、やさしく説き明かされた。

基本がぶれない生き方こそ大切だと学んだ。シンプルだがとても深い。

さわやかな時間だった。


「人生のターニングポイント〜一生かけて得る価値あるもの〜」

インタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>定例会のご案内

 

みなさま、こんにちは。

ビジネス街の心のオアシス・VIP大阪2018年10月定例会(第211回)のご案内です。

 

今月の講師は、住友化学(株)アグロ事業部 営業部の幸内智明さんです。

 

幸内さんは、早稲田大学政治経済学部をご卒業後、武田薬品工業医薬営業本部・広報室を経て、武田薬品と住友化学のジョイントベンチャーに出向され、のち住友化学に転籍。

現在はアグロ事業部 営業部に所属しておられます。

 

このように会社組織人として営業畑を歩んで来られた幸内さんですが、

妻子を大切にする家庭人でもあり、土曜日はテニスやゴルフを楽しまれるそうです。

ですが、ワーク・ライフ・バランスのとれた幸内さんにも失敗体験があり、

人生のターニングポイントがあったといいます。

そして今は、「一生かけて得る価値のあるものを大切にしています」と活き活きと語られます。それは何でしょうか?

 

今回は、会社組織人であり家庭人でもある幸内さんのお話から、

何かと生きづらい人生を生きやすくするヒントを、

そして『一生かけて得る価値のあるもの』を、

学ばせていただきたいと思います。

皆様のお越しを、お待ちいたしております。

 

講 師 幸内 智明 (住友化学(株) アグロ事業部 営業部)

    人生のターニングポイント

     〜一生かけて得る価値あるもの〜 」

音 楽 稲岡 大介 氏(ダルシマー奏者)

日 時 2018年10月16日(火)午後7時〜午後9時(予定)

     _察ヽ據  :午後7時より

      食事&歓談 :午後7時30分より

     講 演   : 午後8時より

会 場 北浜スクエア8階(大阪市中央区北浜2-3-10 VIP関西センター8F)

参加費 _山據食事&歓談+講演 3,000円  講演のみ 1,000

 ※ お食事の必要な方は、申し込みの際に必ず明記し、

   10月12日(金)までにご連絡ください。

 ※ プレゼンテーション希望者は、別途2,000円(先着1名)

 ※ チラシの配布のみ希望の方は、別途1,000

申込先 VIP大阪事務局 Eメール vipkansai@io.ocn.ne.jp

     Tel070-6543-8069 Fax(06)6233-0493

 

VIP大阪お申込みフォーム

 


「食料危機に備えるテクノロジー〜2050年・90億人の食〜 」レポート

「食料危機に備えるテクノロジー〜2050年・90億人の食〜 」レポート

 

音楽:衣川亮輔さん

 

衣川亮輔さん。わらべ唄ロック歌手の肩書で歌っておられる。

明るく楽しい歌声。聴いていると、心が躍り始める。

 

▲底抜けに明るい衣川亮輔さん


2曲目からは、会場が手拍子を合わせて盛り上がって行く。

3曲目は、飛べない鳥、ひよこに思いを重ねて、勇気づける応援歌のような歌。ゆったりしたリズムに合わせて、会場いっぱいに歌声が広がって行く。

アンコールの大きな拍手に、さらに1曲歌い、終わったときには心がほっこりしていた。

 

特別ゲスト:マット・マートンさん

 

3年ぶりに帰ってきました、とあいさつされて、スピーチが始まった。

元阪神タイガース選手のマートンさん。

 

▲大きなマートンさんの心温まるスピーチ

 

日本で6年間おられた。大リーグのシカゴ・カブスにいた時に、日本から福留選手がそのチームに来て自分の居場所がなくなり、車の中で泣いた思い出を話された。

辛い涙を流したが、実は素晴らしい神様のプランが用意されていて、2年後に日本に来て自分が大きく変わった。そのおかげで、今回もこちらでスピーチできる機会を与えられた。

今回の台風と地震による被害から、被災者を励ますために今回日本へ来たと言われていた。最後は日本語で「がんばりましょう」大きく励まされて、締めくくられた。

温かい思いが伝わった。

 

講演:スティーブンさん

 

通称スティーブンさん、本名ンジャネ・ステファン・ンジェヒアさん。

アフリカにあるケニアの首都ナイロビ生まれ。スラム街で育った。

2014年京都大学大学院農学研究科に留学し、農学修士修了後、

現在は同大学大学院の生物センシング工学研修室博士課程で研究に励んでおられる。

専門分野である食糧増産技術についてのお話を楽しく聞かせていただいた。

 

▲スティーブンさん、2050年問題を語る

 

2050年には世界の人口は90億人になる。そのために、アフリカ・アジアで穀物の需要が高くなり、その生産技術の向上が望まれていて、その技術のいろいろを説明された。

母に連れられて、キリスト教会に通い、クリスチャンになった経緯を語られた。

里親制度の支援で勉学に励む機会が与えられ、16歳の時に父が亡くなったときも、神様が自分のためにプランを立てていることを信じて学び続け、このように日本で学べている自らの境遇を明るく話された。

誠実な人柄と陽気な性質に、アフリカの明るい太陽を感じさせるスピーチだった。


「食料危機に備えるテクノロジー〜2050年・90億人の食〜 」

インタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>定例会のご案内

 

みなさま、こんにちは。

ビジネス街の心のオアシス・VIP大阪2018年9月定例会(第210回)のご案内です。

 

今月の講師は、スティーブ(ンジャネ・ステファン・ンジェヒア)さんです。

 

スティーブさんは、ケニヤ・ナイロビのスラム街に生まれました。

貧困の中でも高い志を持ち続け、さまざまな団体より支援を受けて勉学に励み、

2013年ジョモ・ケニヤッタ大学、バイオシステム及び環境技術学部を最優秀学生として卒業。

2014年10月より京都大学大学院農学研究科に留学し、農学修士修了後、

現在は生物センシング工学研修室博士課程で研究に励んでおられます。

 

そのような経歴をお持ちのスティーブさんの専門分野は、食糧増産です。

飽食の国・日本に生きる私たちには、あまりピンとこないかもしれませんが、

世界人口は、1900年の16億人が2000年に61億人、2012年には70億人になり、2050年に、93億人に達すると推計されています(総務省「世界の統計2013」)。

2050年に、世界は90億の人々を、養う事が出来るでしょうか?

 

スティーブさんのお話から、今回の重要テーマについて学べることはもちろんですが、

感謝すること、困難な中でも希望を持って生きること、貢献すること、どうすればそのような生き方ができるのか、

ビジネスパーソンにとって、いや人間にとって本当に大切なことを、学ばせていただきたいと思います。

皆様のお越しを、お待ちいたしております。

 

講 師 ンジャネ・ステファン・ンジェヒア 氏 

   (京都大学大学院 農学研究科 生物センシング工学研究室 博士課程)

     「食料危機に備えるテクノロジー

      〜2050年・90億人の食〜 」

音 楽 衣川亮輔(わらべ唄ロック)

日 時 2018年9月18日(火)午後7時〜午後9時(予定)

     _察 ヽ據  :午後7時より

      食事&歓談  :午後7時30分より

     講  演   : 午後8時より

会 場 北浜スクエア8階(大阪市中央区北浜2-3-10 VIP関西センター8F

参加費 _山據食事&歓談+講演 3,000円  講演のみ 1,000

※ お食事の必要な方は、申し込みの際に必ず明記し、

  9月14日(金)までにご連絡ください。

 プレゼンテーション希望者は、別途2,000円(先着1名)

 チラシの配布のみ希望の方は、別途1,000

申込先 VIP大阪事務局 Eメール vipkansai@io.ocn.ne.jp

      Tel070-6543-8069 Fax(06)6233-0493

 

VIP大阪お申込みフォーム


「一度死んだと思えば、何でもできる!〜愛と人間尊重の経営哲学〜」レポート

「一度死んだと思えば、何でもできる!〜愛と人間尊重の経営哲学〜」レポート

 

音楽:エクセス

 

日高慎二さん、澁谷健史さん、桑田献さんの3人組。日高さんと澁谷さんは、X+(えくすと)というユニット名で活躍している。今回はキーボードの桑田さんが加わり、ユニット名もエクセスになる。

 

▲エクセス(左から日高慎二さん,桑田献さん,澁谷健史さん)

 

参加者のこころを素早く掴む語りと、ボーカルお二人のハーモニーが気持ち良い。全国各地でのライブ活動や俳優としてテレビドラマ出演、五つの地方自治体の観光大使の働きもしておられる。校歌や社歌の作曲も依頼があれば積極的に取り組んでおられ、活動範囲は広い。『歌の力』を信じて歌うという言葉が印象深かった。

 

講演:山田晶一さん

 

今回の講師は、山田晶一さん。株式会社山田硝子店相談役で、「一度死んだと思えば何でもできる!」(PHP研究所)の著者である。同社は、あべのハルカスの硝子工事を担当された会社。著書には、載せられなかったことを中心に語られた。

 

▲山田晶一さん

 

お父様の急死で会社を引き継いだ当時、会社が暴力団系高利貸しから年利40%の金を借りていた。役員の義兄からも裏切られ、自ら死を選ぼうと首をつったが、ロープを架けた桜の枝が折れ九死に一生を得た。専門家によれば、当時は、突発性のうつ病に罹っていたのだろうという。この出来事を境に、「これからは自己愛を捨てて、他人への愛に生きよう」と改心して、従業員の生活の安定を大前提に再建策を練った。

 

まず、ご自身のプライドを捨てて、大手仕入先に窮状を訴え、担当課長さんの働きによって多額の支援を受ける事が出来た。この時、課長さんの弟さんの葬儀と重なったが、ご家族から反対に励ましの言葉をもらい、ミッションスクールの高校時代に受けた聖書の教えとこの奇跡的な出来事を通して、イエス・キリストの愛を実感した。

一方で、純利益の25%を年2回ボーナスとは別に支給することも決め、従業員の幸せを考えない限り会社は発展しない、と信じて実行した。

結果、リストラせずに5年で累積赤字を解消し、まもなく借入金も完済し、今に至るまで黒字経営を続けている。

 

さらに、大学生時代に北海道での大冷害の被害に苦しむ人々に食糧品を贈ったのがきっかけで、1958年以降、会社から北海道の人々への支援を続けた。それが北海道との強い結びつきとなり、会社も当地に進出することになり、経営の大きな柱となっている。

 

やんちゃな社員も居た。しかし、彼だからこそできたプロジェクトがあった。彼をベースにすると、社員全体がボトムアップをする、という発想の転換。社員それぞれの個性を伸ばすことがこれまで利潤を上げてきた要因の一つ、と楽しく会社経営の真髄を話された。

 

キリスト教精神が、再建の道をゆたかに整えられた。さわやかな講演だった。


「一度死んだと思えば、何でもできる!〜愛と人間尊重の経営哲学〜」

インタ−ナショナルVIPクラブ<大阪>定例会のご案内

 

みなさま、こんにちは。

ビジネス街の心のオアシス・VIP大阪2018年7月定例会(第209回)のご案内です。

 

今月の講師は、株式会社山田硝子店 相談役

山田晶一(しょういち)さんです。

 

山田硝子店は、創業昭和2年、板ガラスや鏡の加工・施工技術力が強みで、

大阪市の超高層ビル「あべのハルカス」の内装工事をすべて任され、期日通り納めた会社です。

その山田硝子店で約50年間社長だった山田さんは、

「質の高い技術力を評価され確実な納期を維持できるのは、

技能者が安心して仕事に打ち込める雇用環境があるため」といいます。

 

その山田さん、大学時代にお父様に急逝され、卒業直後に社長となるも、

会社が大きな赤字を抱えていたことがわかり、追い詰められて自殺を図りました。

ところが幸い助かり、このときに

「いったんは捨てた命。これからは自分を、自己愛を、エゴを捨てて、他人への愛に生きよう」と決意されました。

 

そして死にもの狂いで会社再建の取り組むにあたり、

「愛と人間尊重の経営理念」を掲げ

社員たちに利益の25%をボーナスとは別に払うこと、

さらに利益の5%は山田さんたちより生きる権利を奪われている人たちに寄付しました。

 

その結果、リストラせずに5年で累積赤字を解消し、以来、ずっと黒字経営とのことです。

詳細は、ご著書「一度死んだと思えば、何でもできる!」(PHP研究所)にまとめられていますが、

何より山田さんご本人から直接お話を伺うのが一番です。

経営者の方も、そうでない方も、お仕事に、また家庭に本質的な方向転換のチャンスを得られるに違いありません。

 

今回は参加者に感銘を与えた今年2月のVIPオーナーズでのご講演内容を進め、さらに深く広くお話をしていただく予定です。

皆様のお越しを、お待ちいたしております。

 

講 師 山田 晶一 氏 株式会社山田硝子店 相談役

     「一度死んだと思えば、何でもできる!

       〜愛と人間尊重の経営哲学〜 」

音 楽 エクセス (音楽ユニット)

日 時 2018年7月10日(火)午後7時〜午後9時(予定)

     _察ヽ據  :午後7時より

        食事&歓談 :午後7時30分より

     講 演   :午後8時より

会 場 北浜スクエア8階(大阪市中央区北浜2-3-10 VIP関西センター8F)

参加費 _山據食事&歓談+講演 3,000円  講演のみ 1,000円

※ お食事の必要な方は、申し込みの際に必ず明記し、

  7月6日(金)までにご連絡ください。

※ プレゼンテーション希望者は、別途2,000円(先着1名)

※ チラシの配布のみ希望の方は、別途1,000円

申込先 VIP大阪事務局 Eメール vipkansai@io.ocn.ne.jp

      Tel070-6543-8069 Fax(06)6233-0493

 

VIP大阪お申込みフォーム



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

VIPクラブ関西

categories

selected entries

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

こころから
こころから (JUGEMレビュー »)
吉村 美穂 with クローバー

recommend

recommend

recommend

GOSPEL RADIO STATION Vol,1
GOSPEL RADIO STATION Vol,1 (JUGEMレビュー »)
神山みさ,Yoshi Blessed,Genuine Grace,ゆかり☆Gospel,Hide-c.,福原タカヨシ,重延勇矢,上原ヨシュア,Michiru,ROUTE OF SOUL (横山大輔)

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)
眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヒルティ
VIP大阪・梅津会長の人生を変えた一冊

recommend

links

ぶどうの木滋賀 ブログ

VIP関西センターテナント情報

profile

書いた記事数:141 最後に更新した日:2018/11/27

PR

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM